穴掘建柱車についての詳細のこと

穴掘建柱車というのは、おもに建設工事に使われるものです。クレーンが付いている特殊な装備のある車のことです。また、掘削スクリューが付いていたり、そのほかの性能はメーカーなどによっても異なってきます。別名は、ポールセッターと呼ばれています。掘削作業だけではなく、他にも用途はあります。例えば、大型の電柱などもつる上げることができます。現場の必要性にあわせて、尺の長さや大きさに対応したものが使われます。また、以前のものよりも性能はよくなっており、特にスピード化は進みました。

この穴掘建柱車というのは、電柱の建設を主として製造されたものです。ドリルの部分は、取り外しが可能になっています。そのために、様々な種類のものを取り付けることができるのです。そして、荷台の部分には電柱を積むこともできるのです。ドリルの部分が回転することによって、地面に穴を掘っていきます。回転する速度はあまりないものの、その性能は高いものです。浅いものなら、すぐに穴を掘ってしまいます。バイブレーターの機能が付いているので、ドリルに付着した土も簡単に取り除くことができます。そのために、すぐに次の作業に移ることができるのです。このドリル部分は、オーガと呼ばれています。

この穴掘建柱車が登場したのは、1965年のことです。これは、電気の需要が高まってきていた時期でもありました。そのために、電柱の建設作業の省略化のためにこの車は非常に役に立ったのです。以来、数十年にわたって電柱はこの車を使って建てられてきました。その間にも、この車の改良は進みました。そして、現在のような高性能なものが誕生するようになったのです。なかには、伸縮が可能なものもあり、遠くの川越しのところなどの建柱ができるものもあります。また、アウトリガという補助輪があるために、安定性が確保されています。そして、メーカーによってアタッチメントは豊富に種類が存在しています。